fc2ブログ

『チャートと地図でわかる 徳川家康と最強家臣団』:雨読夜話

ここでは、「『チャートと地図でわかる 徳川家康と最強家臣団』」 に関する記事を紹介しています。

小和田哲男 (監修), 小和田泰経 (著)
ホビージャパン (2022/12/22)


家康の家臣85人を、関係図と活躍した地域の地図とともに解説している作品。

特に有名な人物は2ページ、それ以外の人物は1ページという構成になっていて読みやすく、家康の人質時代、三河平定期、五か国領有期、関東入国後と4つの時期に分けていることで、それぞれが活躍した時期も分かりやすくなっている。

徳川四天王や十六神将として知名度の高い人物の他にも、三河の国衆として三河平定に活躍した人物、今川や武田からの中途採用組として遠江・駿河・甲斐・信濃への進出で活躍した人物など、あまり知らなかった人物も多い。

また、十四松平と呼ばれる家康の親族たちも比較的多くページが割かれているのも特徴かもしれない。

かならずしも光が当たらないと思われる人物も多く紹介されていて、なかなか読みごたえがあった。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 小和田哲男, 徳川家康,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック