fc2ブログ

『カラス狂騒曲』:雨読夜話

ここでは、「『カラス狂騒曲』」 に関する記事を紹介しています。
カラス狂騒曲―行動と生態の不思議
カラス狂騒曲―行動と生態の不思議
今泉 忠明
東京堂出版 2004-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
カラスはどれほど賢いか―都市鳥の適応戦略 (中公文庫)
カラス なぜ遊ぶ (集英社新書)
スズメの少子化、カラスのいじめ 身近な鳥の不思議な世界 [ソフトバンク新書]
カラスの常識 (寺子屋新書)
カラス―おもしろ生態とかしこい防ぎ方

人間とは好むと好まざるとに関わらず、極めて密接に暮らしている鳥のひとつであるカラスについて、種類や行動、体の構造から生活サイクル、人間との関係についてまで述べられている本。

カラスはスズメ目に属することや鼻はあまり効かないであろうこと、群れてはいてもリーダーなどはおらずまさに”烏合の衆”という言葉通りであることなど細かく語られている。

道具を使うことや経験から食物のあるなしを判断すること、賞味期限を考慮した上でえさを保存しておくことなど、カラスは頭のいい動物であると分かり興味深い。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック