fc2ブログ

『項羽と劉邦(上・中・下)』:雨読夜話

ここでは、「『項羽と劉邦(上・中・下)』」 に関する記事を紹介しています。

司馬 遼太郎 (著)
新潮社 (1984/9/27)


司馬遼太郎による、始皇帝死後の内乱から楚漢戦争を描いた歴史小説。

中学時代に本書を読んで面白かったので該当する時代を扱った陳舜臣著『中国の歴史(二) 』(中国歴史シリーズ)を読み、そこから中国の古代史や諸子百家などの本を多く読むようになったきっかけとなった。

『こち亀』の両津勘吉みたいなキャラクターの劉邦と、育ちが良くて残酷なことを平気でやってしまう項羽を中心に、始皇帝、趙高、蕭何、張良、韓信といったメジャーな人物だけでなく、召平や陳嬰、紀信といったその後他の本であまり読んだことがないのでマイナーと分かった人物の描写も印象に残っている。

読んだ当時も面白かったが、時間が経ってから他の歴史小説などを読んでから思い出してもかなりいい作品だったと再認識できる。
読み返すとまた違った印象になるかもしれないが。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 司馬遼太郎,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック