fc2ブログ

『断絶への航海』:雨読夜話

ここでは、「『断絶への航海』」 に関する記事を紹介しています。

ジェイムズ・P. ホーガン (著), 小隅 黎 (翻訳)
早川書房 (2005/2/1)


.ジェイムズ・P・ホーガンによる長編SFで、『星を継ぐもの』のシリーズとともに好きな作品の1つ。

話は第三次世界大戦前にアルファ・ケンタウリ系に人類の遺伝子を積んで送られた宇宙船が居住可能な惑星・ケイローンで人類を生み出し、大戦後に訪れた地球の人類と出会ってから発生する出来事を描いている。

著者は「人種や民族などによる差別をなくそうとしたら、初めからそれらの概念が存在しない社会を作るしかない」との発想からこの作品を書いたそうで、ケイローンの人類には人種や民族による差別はなく、また資源も豊富にあるためにこれらをめぐっての争いも発生しないという、現代社会のいくつかの重大な課題を解決した社会となっている。

そうした環境で人はどのようなモチベーションで生きるのかというと能力ということになり、人々は自身の関心や能力を複数伸ばすことができる環境にあるため、複数の職業を持っていることが多い。

主人公が所属するシロッコ小隊も隊長の寛容さもあって個性を尊重する雰囲気だったために主人公たちはケイローンの社会に最初は違和感を覚えつつ、徐々に適応していく。

一方で古い価値観に縛られた保守的な人々もいるわけで、このあたりのトラブルが話のポイントとなっている。

ストーリーそのものよりも舞台設定や、ケイローンで生まれたヒロインに近いポジションの女性が主人公と交わす会話などが印象に残り、読んでから結構時間を経過しても好きな作品となっている。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック