fc2ブログ

『君はもっとできる』:雨読夜話

ここでは、「『君はもっとできる』」 に関する記事を紹介しています。

HKT48
Universal Music (2023/2/8)


HKT48の16枚目のシングルCDで、矢吹奈子の卒業をテーマとしている。
オフィシャルショップでメンバーのクリアファイル付きのものを注文していて、4/2に受け取った。

表題作は矢吹の澄んだ歌声による歌い出しから始まり、前向きに卒業を祝う感じのものとなっていて、今後もコンサートなどで歌われることが多そうに感じた。

選抜は前作の『ビーサンはなぜなくなるのか?』から、松岡菜摘(卒業)、武田智加(体調不良?)、堺萌花(体調不良?)が外れ、6期生から最上奈那華と井澤美優が初選抜、秋吉優花が3作目の『桜、みんなで食べた』から13作ぶりの選抜復帰となっている。

『桜、みんなで食べた』が2014年と約9年ぶりという記録は48グループでもなかなかなさそうだし、最上と井澤は人気や扱いを見ていたら妥当なところだと感じた。

カップリング曲はスマホゲームの選抜による「クラクションで I love you!」で、小田彩加がセンターを務めていて、疾走感ある曲調が楽しい。
そしてタイプAにはチームHによる「青春フルスロットル」、タイプBにはチームK4による「そういうことFebruary」が収録されていて、「そういうことFebruary」は先日行った劇場公演で披露されていた。

付属のDVDにはMVの他、昨年10月に幕張メッセで行われたライブのドキュメンタリー映像(タイプAが全編、タイプBが後編)が収録されている。
ここでは終盤に本村碧唯から発表されたチーム再編成(H、H4、T2の3チーム→H、K4の2チーム)と、矢吹からの卒業発表の部分が印象に残る。

長年チームを支えてきたメンバーの多くが結成から10年前後で卒業して次世代への調整の時期ということになるかと思うが、昨年加入の6期生も徐々にキャラクターが分かり始めていることもあり、注視していきたい。




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック