fc2ブログ

『投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識』:雨読夜話

ここでは、「『投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識』」 に関する記事を紹介しています。

投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識

ハワード・マークス (著), 貫井 佳子 (翻訳)
日本経済新聞出版社 2012-10-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


オークツリーというアメリカで長期にわたりリターンを出し続けてきた投資信託会社の創業者による、投資する場合の考え方を20項目にわたって語っている作品。

投資経験のある者として重い内容に感じたのか、読むのにちょっと時間がかかった。

著者が顧客向けに出してきたレターを随所で引用しており、ITバブルや不動産バブル、そしてリーマンショックなどが発生した際に多くの人々がどのような行動をし、著者がどのように考えていたのかが書かれているのが印象に残る。

著者のスタンスは相場がいい時期に大きく儲けるというよりも、相場が悪い時期も損失を抑えて暴落で価格が下がった資産を購入するというもので、長期にわたり続けられてきたのも理解しやすい。

多く書かれているのはリスクに対してリターンが見合っているのか?を判断することや、本質的な価値が分かれば投資の可否を判断できるだろうこと、周囲の状況などから相場のサイクルが楽観的な時期か悲観的な時期かを見極めることなどで、ウォーレン・バフェットをはじめとする多くの投資家たちから絶賛されたのも分かる。

投資を自己資金でやる分には「投資をしない時期」を設けても他人から口出しされることはないが、顧客から資産を預かって運用する投資信託会社の場合はそうもいかないので、かなり大変な仕事だとも感じた。

著者の言うところの「スキルがある」投資家になることはできそうにないが、バブルの時期に一旦それに入っていいのか考えることや、暴落の時期に勇気をもって逆張りを考えることは意識しておきたい。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック