fc2ブログ

『人類とイノベーション:世界は「自由」と「失敗」で進化する』:雨読夜話

ここでは、「『人類とイノベーション:世界は「自由」と「失敗」で進化する』」 に関する記事を紹介しています。

マット・リドレー(著), 大田直子(訳)
ニューズピックス
2021年03月05日


イノベーションがどのように生み出されるか、そして抵抗を受けがちであるかを多くの例を挙げて語っている作品。

蒸気機関や電灯のような分かりやすいものから始まり、公衆衛生、食料、家畜、通信、インターネットサービス、輸送手段など、多くの事例が挙げられていて興味深い。

例えば、先史時代にヒトはオオカミを家畜化した要素が強いイヌとして飼い慣らしてことに成功したが、実はヒトも元々は消化できなかった牛乳を消化できるようになったり、攻撃性を和らげるなどの家畜化がなされてきたという話が強く印象に残る。

イノベーションはエジソンのような天才が突然にひらめいたことで生み出されるものというイメージを持つ人が多いが、これは英雄信仰によるもので、実際は自由な環境で、多くの人々がさまざまなアイデアや気づきを持ち合って数多くの試行錯誤をして、より受け入れられる形に長い時間をかけてするものということが本書で最も語りたいことのようである。

エジソンにしても、莫大な数の失敗の上にイノベーションを生み出したことを著者は語っている。

それとは逆に、イノベーションを妨げるものも多く、既得権を脅かされる産業によるロビー活動を受けた政府の規制、特許権や著作権などの知的財産権をめぐる訴訟とそれで儲ける人々、優先付けを間違えて本当に必要なイノベーションを後回しにしてしまう政府の失敗、問題を起こしては金儲けのネタにするグリーンピースのような圧力団体などで、特にEUではこの手の問題が著しいことに驚かされるし、著者の他の作品でも出てきたグリーンピースが多くのイノベーションを妨げたことで多くの人々を死なせた罪は重いと感じる。

政府の補助や戦争がイノベーションを生み出す説にも数々の反例を挙げていて、例えば日本は政府の指導の下で戦後に経済成長したと言われるが、実際は政府が研究開発や教育に出した予算は他国よりも少なく、「科学立国日本が予算が少なくて・・・」みたいな主張の怪しさを改めて認識したり、日本学術会議はグリーンピースと同じようなものだと感じたりもした。
多分、日本では政治家や官僚と庶民のレベル差が小さい国というのがいい方向に働いているという説が当たっているような気がしていて、補助金よりも減税や規制緩和の方が効果がありそうな気がする。

著者は欧米でイノベーションを妨げる要素が多い一方で、中国でのイノベーションが著しいということを語っているが、挙げられている事例はそこまででもないように感じるし、著者も語っているように現在の中国もまたイノベーションを潰すタイプの「帝国」ということを考えると中国中心にはならないだろうとも思う。

2020年のパンデミックを受けての追記も収録されていて、イノベーションの不足が事態を悪化させたことも語っていて、著者にしては弱気な感じで終わっているのも考えさせられる。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック