fc2ブログ

『ダイヤモンド 欲望の世界史』:雨読夜話

ここでは、「『ダイヤモンド 欲望の世界史』」 に関する記事を紹介しています。

玉木 俊明(著)
日経プレミアシリーズ
2020年09月10日


人々を引き付けるダイヤモンドと、それに関わってきた人々の歴史を解説している作品。

中世くらいまではインドでしかダイヤモンドは発掘されておらず、ヨーロッパとは地中海で採取されたサンゴと交換する形で交易がなされてきたこと、こうした交易にはセファルディム(イベリア半島出身のユダヤ人)やアルメニア人の商人が関わることが多かった話などがなされている。

そして大航海時代になるとポルトガル人が喜望峰周りでインドへの航路を開いてダイヤモンド貿易に入ってきたこと、アシュケナージ(東欧出身のユダヤ人)がアントウェルペン(アントワープ)やアムステルダムでダイヤモンドの貿易や加工に携わるようになった話、ブラジルでもダイヤモンドが発見されてポルトガルの国営事業になった話と続く。

ここから帝国主義時代に入り、南アフリカなどでもダイヤモンドが発見されると、イギリス人のセシル・ローズが現代に続くデビアス社を結成し、大英帝国の軍隊と組んで各地を侵略してダイヤモンドのカルテルを作り上げ、小売価格が一定以上になる仕組みにしている話となり、ダイヤモンドが必需品ではなくぜいたく品だから各国からこの時期はまだ潰されなかったのかもしれないと思った。

その後はソ連領のシベリアでもダイヤモンドが大量に産出されるようになったり、GMが合成ダイヤモンドの精製に成功したこと、ソ連崩壊でロシアの企業がデビアスの指示を聞かなくなったこと、アメリカ政府から反トラスト法で罰金を科されたことなどから、デビアス社も価格管理ができなくなった話に続いている。

アフリカのように紛争が多い地域で産出されがちということで、紛争ダイヤモンドと呼ばれる闇ルートで流通するダイヤモンドが多いことも書かれている。

ダイヤモンドは炭素でできていて合成も可能、思っていた以上に少ないわけでもないということで、あくまで美しさから貴重・高価なものでなければならないという考えから、このような扱いを受けてきた物質なのだということが伝わってきた。
欲望や人が美しいと感じるという要素を外してしまえば、硬さから工業に必要ということ以外はちょっと変わった堅い石ころということなのかもしれない。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 玉木俊明,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック