fc2ブログ

『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』:雨読夜話

ここでは、「『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』」 に関する記事を紹介しています。
本日、話題になっている『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』を最寄りの映画館に観に行った。

時期は『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のしばらく後で、キラやシン、ルナマリアなどが平和維持の軍事組織・コンパスの主力として戦争に介入する活動をしているところから話が始まる。

キラの水色のフリーダムやシンのジャスティスは最初の機体なのでデザインもそれなりだが、ルナマリアのゲルググやアグネスのギャンが妙にかっこいいのが印象に残る。

本編の設定上の制約からできることが限られたのだろうとは思うが、セリフ回しのくささと、キャラクターのアップの絵柄がちょっと苦手で、観ていて少しつらい部分があった。

また、敵のキャラクターについても『コードギアス』とか『キングダム』などにも出てきそうな既存キャラクターの使い回し感が強くて感情移入しにくいというのも、強く感じた部分である。

逆に、ミレニアム艦長のコノエのとぼけてそうだが渋くて有能なところや、いつの間にかプラントの大臣にまで出世したイザークの冷静沈着さなどはなかなか良かった。

ガンダム好きなので観たこと自体は後悔していないが、それほどいいとも思わなかったというのも正直なところである。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : ガンダム,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック