fc2ブログ

『ケミストリー世界史 その時、化学が時代を変えた!』:雨読夜話

ここでは、「『ケミストリー世界史 その時、化学が時代を変えた!』」 に関する記事を紹介しています。

大宮 理
PHP研究所 2022年02月03日


予備校で人気の化学講師による、化学上の発明がどのように歴史に影響を与えているかを紹介している作品。

火の利用から顔料や染料、香辛料、火薬、石油製品、肥料などと続き、第二次世界大戦で使用された原子爆弾に至るまでが書かれている。

あまりに数が多いのと、化学は苦手で分子結合や化学式のところはよく分からなかったりして消化できなかったところも多いが、例えば石油はそのままでは燃料として効率が悪く、触媒を加えるなどしてガソリンとして効率を高める話など、知らなくて興味深い話もけっこうあった。

それぞれを発見したり実用化に成功した人々が必ずしも報われたとは限らないところも、人間社会の常なのだろう。

もう少し内容を絞って、それぞれにページを割いた方が良かったのかもしれない。
少し前に読んだ『人類とイノベーション:世界は「自由」と「失敗」で進化する』が、そのような構成になっていたことを思い出す。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック