fc2ブログ

『老ヴォールの惑星』:雨読夜話

ここでは、「『老ヴォールの惑星』」 に関する記事を紹介しています。

老ヴォールの惑星 (次世代型作家のリアル・フィクション ハヤカワ文庫 JA (809))
老ヴォールの惑星 (次世代型作家のリアル・フィクション ハヤカワ文庫 JA (809))
小川 一水
早川書房 2005-08-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
第六大陸〈2〉 (ハヤカワ文庫JA)
時砂の王 (ハヤカワ文庫 JA オ 6-7)
復活の地 1 (ハヤカワ文庫 JA)
復活の地 2 (ハヤカワ文庫 JA)
復活の地〈3〉 (ハヤカワ文庫JA)

特殊な環境を舞台とした4作からなるSF短編集。

冒頭の人間不信に陥るよう設計された迷宮へ放り込まれた主人公が社会を作り出そうと奮闘する「ギャルナフカの迷宮」で引き込まれ、木星型の惑星に住む知性体の物語である表題作、ファーストコンタクトを扱った「幸せになる箱庭」に、海だけだが陸地のない惑星に不時着した主人公が助けが来ないが通信はできるという特殊な環境でのやり取りを描いた「漂った男」と、どの作品も一定以上のレベルで面白かった。

舞台設定はとんでもなく型破りというわけではないが、その中での主人公たちの環境や他者との関わりがよく描かれている点、人の力を信頼しているウエットな感じが各作品に共通した印象だった。
また、SFで時折見られるわけのわからない用語や理論を出したりということもなく読みやすい。

この著者の作品は長編が多いようなので、どれか読んでみることになると思う。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 小川一水,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック