fc2ブログ

『第三の買収』:雨読夜話

ここでは、「『第三の買収』」 に関する記事を紹介しています。
第三の買収
第三の買収牛島 信

幻冬舎 2007-09
売り上げランキング : 129455

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
逆転 リベンジ (幻冬舎文庫)
この国は誰のものか―会社の向こうで日本が震えている
常識崩壊
MBO―マネジメント・バイアウト (幻冬舎文庫)
貸し込み 上

企業のMBO(経営陣による企業買収)やTOB(敵対的買収)について書かれた企業法律小説。

龍神商事の社長である大日向はMBOを実施することを決定し、監査役の狭間と法務室長の日夏にその調査や遂行を命じるところから始まる。
そこで狭間と日夏はとりあえず顧問弁護士の大木に相談したところ、コンフリクト・オブ・インタレスト(利益相反)と龍神商事に社外取締役がいない点がネックになりうることを指摘され、完全に納得しないもののそのままMBOを進めていくことになる。

やがて取締役会を経てMBOの公示を行うに至るが、ここから龍神商事に透明性の欠けていると思われる点などの不備をマスコミで大々的に報じられたり、この機に乗じて買収を仕掛けようとする海外の投資ファンドが現われたり、常務があやしい動きをするなどトラブルが拡大していく。
その中で狭間と日夏は大木の指摘した点が重くのしかかっていることを痛感する。

著者の他の作品よりも企業とは誰のものかという視点が強く、現代の企業や法律を理解するための小説としてはまずまず面白かった。


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 牛島信,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック