fc2ブログ

『ヴェイスの盲点』:雨読夜話

ここでは、「『ヴェイスの盲点』」 に関する記事を紹介しています。
ヴェイスの盲点―クレギオン〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)
ヴェイスの盲点―クレギオン〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)
野尻 抱介
早川書房 2003-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
フェイダーリンクの鯨―クレギオン〈2〉 (ハヤカワ文庫JA)
アンクスの海賊 クレギオン (3)
タリファの子守歌 〈クレギオン5〉
サリバン家のお引越し クレギオン (4)
ベクフットの虜 クレギオン7 (ハヤカワ文庫 JA)

以前読んだ『太陽の簒奪者』『沈黙のフライバイ』といったSF作品が面白かった著者による、初期のスペースオペラ。舞台設定はクレギオンというゲームのものを使用しているらしい。

ストーリーとしては、山っ気のある社長と美人操縦士からなる運送会社の宇宙船が、失われた技術で制御された機雷源に包まれた惑星に挑むというもので、ナビゲーターとして新人の少女が加わることになる。

軽く読めるエンターテイメント性と、現代の科学知識をきっちり利用した舞台設定のうまさが両立されていて面白い。 ただまあ、上記で述べた2作品の方が重厚さがあって好みではある。

ちなみに、このシリーズは以下の7作まで書かれている。
気が向いたら、これらも読んでみようかと思う。


にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト




関連タグ : 野尻抱介,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック