fc2ブログ

『中国の思想 孫子・呉子』:雨読夜話

ここでは、「『中国の思想 孫子・呉子』」 に関する記事を紹介しています。
中国の思想 孫子・呉子 (徳間文庫)
中国の思想 孫子・呉子 (徳間文庫)
『中国の思想』刊行委員会 (著), 松枝茂夫 (著), 竹内好 (監修), 村山 孚 (翻訳)
徳間書店 2008-06-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
戦国策―中国の思想 (徳間文庫)
韓非子―中国の思想 (徳間文庫)
老子・列子―中国の思想 (徳間文庫)
中国の思想 論語 (徳間文庫)
荘子―中国の思想 (徳間文庫)


中国の古典で『孫子』、『呉子』、『尉繚子』、『六韜』、『三略』、『司馬法』、『李衛公問対』からなる「武経七書」とおよび、『孫月賓兵法』(そんぴんへいほう)といった兵法書から全部あるいは代表的な部分を抜き出して現代語訳している本。

基本的には戦術・戦略論なのだが政治や経営、人間関係など現代でも十分通用する言葉があり、短い言葉の中に味わいがあって折に触れて読み返してみたい。

特に印象的だったのは『李衛公問対』で、登場するのが太宗(李世民)と李靖という当代一流の名君と名将であり、その掛け合いも面白いものとなっている。
ほんの一部しか載っていないが、全部読んでみようかとも思う。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 孫子,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック