FC2ブログ

『司馬法・尉繚子・李衛公問対』:雨読夜話

ここでは、「『司馬法・尉繚子・李衛公問対』」 に関する記事を紹介しています。
司馬法・尉繚子・李衛公問対 (全訳「武経七書」)
司馬法・尉繚子・李衛公問対 (全訳「武経七書」)
守屋 洋 (著), 守屋 淳 (著)
プレジデント社 1999-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
六韜・三略 (全訳「武経七書」)
孫子・呉子 (全訳「武経七書」)
呉子 (中公文庫BIBLIO)
三略 (中公文庫BIBLIO S)
六韜 (中公文庫)

『中国の思想 孫子・呉子』に一部掲載されていた李衛公問対が面白かったので、その全文が収録されている本書を読んでみた。

唐の太宗李世民とその大将軍として活躍した李靖の兵法談義という形式を取っており、正兵と奇兵、陣形の構築、歴史上の人物の評論など多岐にわたっており、古代中国の歴史を知っていると英雄たちが随所に取り上げられていて面白い。

特に、三国志の曹操は卓越した戦術家と知られているが、その記述には大げさな部分やハッタリがしばしばあるとしていたり、前漢の高祖劉邦と後漢の光武帝劉秀を比較すると、功臣の処遇などから見て劉秀の方が将に将たる器としてふさわしいなど、そのへんにいる歴史好きのおじさんが語りそうな内容があるので李世民と李靖がぐっと身近な人物に感じられてしまい妙にうれしくなる。

他に収録されている司馬法と尉繚子も、戦略論は戦争を大きなプロジェクトと読み替えると現代でも充分通用しそうな事が多く書かれており、プレジデント社から発行されているのもなるほどと思った。


[李世民の言行録である、貞観政要について書かれている本]
帝王学―「貞観政要」の読み方 (日経ビジネス人文庫)
「帝王学―「貞観政要」の読み方 (日経ビジネス人文庫)」
 著者:山本 七平
 出版:日本経済新聞社
 発売日:2001-03
 価格:¥ 530
 by ええもん屋.com

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 守屋洋, 守屋淳,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック