fc2ブログ

『フリーランチの時代』:雨読夜話

ここでは、「『フリーランチの時代』」 に関する記事を紹介しています。
フリーランチの時代 (ハヤカワ文庫 JA オ 6-8)
フリーランチの時代 (ハヤカワ文庫 JA オ 6-8)
小川 一水
早川書房 2008-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
風の邦、星の渚―レーズスフェント興亡記
妙なる技の乙女たち
ファイナルシーカー レスキューウィングス(MF文庫ダ・ヴィンチ) (MF文庫 ダ・ヴィンチ お 1-1)
ルナ・シューター 1 (1) (幻狼FANTASIA NOVELS H 1-1)
マザーズ・タワー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

先日読んで面白かった『老ヴォールの惑星』に続く、著者の第2短編集が書店で出ていたのですぐに購入し読んでみた。

火星の基地であっさりと異星から来た生命体とファーストコンタクトを行って珍妙なやり取りをする表題作の他、
  • これまでの医療では脳死とされる状態となった主人公がサイボーグ?となる「Live me Me」
  • 小惑星帯で業務をこなす引きこもり青年の体験を描いた「Slowlife in Starship」
  • 医療の進歩で肉体を不死にしないことがおかしいような感じとなった時代を描く「千歳の坂も」
  • タイムトラベルもので『時砂の王』という作品のスピンオフらしい「アルワラの潮の音」
のSF5作品からなる。

人類が生と死、時空といったレベルにおけるちょっと遠い未来に実現するかもしれないような状況におけるストーリーを淡々と語っており、期待を裏切らない内容のものだった。

特に、通常のファーストコンタクトもののSFであれば異星人とのいざこざや地球人同士での葛藤などが全面に出てきそうなところなのに、女性の隊員によるわりと普通っぽい会話で進んでいく表題作が気に入っている。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 小川一水,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック