fc2ブログ

『テラフォーミング―「異星地球化計画」の夢』:雨読夜話

ここでは、「『テラフォーミング―「異星地球化計画」の夢』」 に関する記事を紹介しています。
テラフォーミング―「異星地球化計画」の夢
テラフォーミング―「異星地球化計画」の夢
金子 隆一
NTT出版 1996-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
LO画集 TAKAMICHI LOVE WORKS (FLOW COMICS)
眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く

タイトル通り、未来に他の惑星を地球化して住むことについて現代の科学でどのような方法が模索されているかを語っている本。SF小説でも読んだことがあるかどうか思い出せないくらいスケールの大きな方法が列挙されている。

まず、火星や金星のような固体型の惑星の地球化について検討された方法が、以下のようなものとなる。
・小惑星をぶつける
・惑星の地下で核爆発を起こす
・自己複製能力を持ったナノマシンをばらまく
・巨大な鏡で惑星そのものを温める
・軌道をずらす

次に、木星のようなガス型惑星や太陽系全体レベルでは、このような方法。
・木星を太陽化する
・ガス型惑星や恒星の適度な距離に輪状の居住空間を建設する
・太陽系そのものを幕で覆って太陽エネルギーを無駄なく利用する(ダイソン球)

さらに、太陽系以上のスケールでは、ここまで論じられている。
・彗星に人工的に開発された”彗星つる草”を植えて居住可能にし、恒星のエネルギーにそれほど依存せずに居住可能として銀河中に人類を拡散させる
・太陽の赤色矮星化に備えて地球を他の恒星系へ移動させる
・あるいは逆に太陽を移動させて別の元気な恒星と交換する

トンデモ科学っぽいほどスケールが大きい話であり、夢のある内容なので面白かった。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック