fc2ブログ

『レバレッジ時間術』:雨読夜話

ここでは、「『レバレッジ時間術』」 に関する記事を紹介しています。
レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)
レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)
本田 直之 (著)
幻冬舎 2007-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
レバレッジ人脈術
レバレッジ勉強法
レバレッジ・リーディング
レバレッジ・オーガナイザー ─自分にレバレッジをかけ、無限大の成果を生み出す実践手帳─


『レバレッジ・リーディング』の続編ともいえる本で、時間の効率的な使い方について書かれている。

単に作業を早くするよりも、作業を簡単にこなせるような仕組みづくりに力点が置かれており、以下のようなことが述べられていて参考になる。
  • 目標から逆算してスケジュールを立てる
  • スケジュールは月単位で把握できるよう、カレンダー型のスケジュール管理媒体を使用する
  • タスクリストを作り、うっかりを減らして落ち着いて仕事に集中できるようにする
  • 早起きの習慣をつける(早寝はそれについてくる)
  • 休日に寝だめをしない
  • 1日の大まかな時間割を作り、面倒なルーティンワークを規則的にこなせるようにする

計画を立てたり1日を規則正しく過ごすことはできていなかったが、使っている手帳は5年くらいカレンダー式のものを使っており、職場の机にもカレンダー式のスケジュール表をおいて使っているのでいくらかは実践していたのに気づき、ちょっとだけいい気になった。

できるものとできないものがあるが、まずは休日に寝だめしないこと(これをやって体調を崩すことがしばしばあるので納得)、タスクの一覧やチェックリストを作って見直しをすることなどできそうなことをいくつかやってみようと思った。


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 本田直之,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
本田直之 『レバレッジ時間術』(幻冬舎新書)、通読。 久々にレバレッジシリーズをば。 時間を「消費」ではなく「投資」に変えるには・・・について 毎日実行する1つ1つのノ
2012/11/09(金) | 観・読・聴・験 備忘録