fc2ブログ

『逆説の日本史 15 近世改革編 官僚政治と吉宗の謎』:雨読夜話

ここでは、「『逆説の日本史 15 近世改革編 官僚政治と吉宗の謎』」 に関する記事を紹介しています。
逆説の日本史 15 近世改革編 (15)
逆説の日本史 15 近世改革編 (15)
井沢 元彦
小学館 2008-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
逆説の日本史 14 近世爛熟編文治政治と忠臣蔵の謎
怨霊と鎮魂の日本芸能史
逆説の日本史 13 近世展開編江戸文化と鎖国の謎
井沢式「日本史入門」講座 4 「怨霊鎮魂の日本史」の巻 (4)
井沢元彦の英雄の世界史 (廣済堂文庫 イ 11-1)

逆説の日本史シリーズの、綱吉死後から松平定信時代にかけてを扱ったもの。
今回は改革者と比較的評判のいい八代将軍吉宗や松平定信、新井白石の実体経済を知らないための失政と、とかく悪評の多い田沼意次が実は開明的な政策が多かったことについて論じられている。

暴れん坊将軍としての吉宗は私腹を肥やす悪徳高官たちをばさばさ切り捨てているが、実は最も農民から年貢を搾り取るわ物価の仕組みを理解せずに市場を混乱させるわと経済政策に関しては失政続きだったようだ。
これは江戸幕府公式の学問が商業を悪徳視する朱子学の影響下にあったためということであり、さすがの家康も朱子学では貨幣経済に対応できない弊害には想定が及んでいなかった可能性があるのかと思った。

これに対して田沼の場合は側用人から成り上がったことや保守層からの反発を受ける政策が多かったこと、さらには治世に天災が頻発したことがマイナスとなって収賄政治家の典型のようにされてしまっているが、田沼意次・意知親子の治世が長続きしていれば早い段階での開国や幕府主導での構造改革すらできたかもしれないことを思うと歴史のifとして興味深いものがある。

他には皇室の威信回復に尽力した光格天皇vs思い込み政治家であった松平定信の確執と、光格天皇がこれに優勢勝ちしたことが明治維新につながってくるというくだりがあり、まず教科書にはかかれないことなので面白かった。


[本書の文庫版]
逆説の日本史 15 近世改革編―官僚政治と吉宗の謎 (小学館文庫)逆説の日本史 15 近世改革編―官僚政治と吉宗の謎 (小学館文庫)

井沢 元彦
小学館 2012-06-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

[田沼意次を扱った歴史小説]
田沼意次―主殿の税 (人物文庫)田沼意次―主殿の税 (人物文庫)

佐藤 雅美
学陽書房 2003-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 井沢元彦, 逆説の日本史,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック