fc2ブログ

『知的生産の技術』:雨読夜話

ここでは、「『知的生産の技術』」 に関する記事を紹介しています。
知的生産の技術 (岩波新書)
知的生産の技術 (岩波新書)
梅棹 忠夫
岩波書店 1969-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
知的生活の方法 (講談社現代新書 436)
「知」のソフトウェア (講談社現代新書 (722))
考える技術・書く技術 (講談社現代新書 327)
本を読む本 (講談社学術文庫)
発想法―創造性開発のために (中公新書 (136))

『文明の生態史観』などで知られる梅棹忠夫による、情報の整理や文章の書き方といった知的生産の技術についてエッセイ風に論じている本。

50年近く前に出版されたもので、道具的にはカーボン紙で複写したりかな文字のタイプライターを使用するといった現在では既に進化したものもあるが、発想としてカードによる情報の整理や読書の後に記録をつける習慣、日記は心情的なものもいいが客観的な事実を書くのも一つの方法など、現代でも十分通用するような内容となっていて非常に参考になる。

独特のかなの多い平易な文章で書かれており、かなが多い理由についても語っていたのでそれも面白かった。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 梅棹忠夫,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック