fc2ブログ

『安楽椅子探偵アーチー』:雨読夜話

ここでは、「『安楽椅子探偵アーチー』」 に関する記事を紹介しています。
安楽椅子探偵アーチー (創元推理文庫)
安楽椅子探偵アーチー (創元推理文庫)
松尾 由美
東京創元社 2005-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ハートブレイク・レストラン (光文社文庫 ま 12-4)
ピピネラ (講談社文庫)
スパイク (光文社文庫)
銀杏坂 (光文社文庫)
いつもの道、ちがう角 (光文社文庫)

ミステリーのジャンルに、自分は調査に出ずに友人や警察関係者の話を聞くだけで推理を行うという、安楽椅子探偵もの(アームチェア・ディテクティブ)というのがあるが、本書は安楽椅子そのものが意識を持ち、探偵として衛少年との話から推理を行うというミステリー連作である。

筋だけ見るとナンセンスやギャグの予感がするが、実際にはファンタジーや民話のようなテイストに仕上がっている。
時代は現代ではあるものの殺人や詐欺といったとこまでではなく、日常でふと疑問に思った出来事を安楽椅子のアーチーが推理していく・・・

と思ったら、最終話では突然謀略や争いが出て、江戸川乱歩や松本清張のような展開を演じるものの、最後はそれなりの大団円となるところは、少年が登場するだけにジュブナイルのようになっている。

やや軽めのミステリーではあるが、舞台装置や会話のやり取りの持っていき方が絶妙で、面白い作品だった。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック