FC2ブログ

『新三河物語(上・中・下)』:雨読夜話

ここでは、「『新三河物語(上・中・下)』」 に関する記事を紹介しています。
新三河物語 上巻 (1)
新三河物語 上巻 (1)
宮城谷 昌光
新潮社 2008-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
新三河物語 中巻 (2)
新三河物語 下巻 (3)
三国志 第7巻 (7)
古城の風景 5 (5)
古城の風景 4 (4)

『孟嘗君』、『重耳』、『孟夏の太陽』など、中国古代を題材とした小説の多い宮城谷昌光による、日本の戦国時代を描いた歴史小説第2作。(第1作は『風は山河より』でまだ読みかけ)

三河物語がタイトルについているように、主人公は天下のご意見番と俗に言われる大久保彦左衛門忠教(おおくぼひこざえもんただたか・幼名は平助)など、徳川家康の覇業を支えた大久保一族の人々で、桶狭間の合戦あたりから物語は始まる。

上巻から中巻の半ばくらいまでは主に平助から見て年の離れた長兄である忠世(ただよ)と次兄の忠佐(ただすけ)がメインといった感じで、三河一向一揆で徳川家臣団が二手に分かれての苦しい戦いが終わったかと思えば、次は甲斐の武田信玄・勝頼父子による侵略に対しての戦いと、獅子奮迅の活躍を繰り広げていく。
そのあたりから文学好きな少年だった平助も武将の一人として活躍を始めることになり、武田攻めや本能寺の変後の甲信平定戦でいくつもの危うい合戦に参加していくことになる。

その後忠世の嫡男である忠隣(ただちか)が徳川家で重臣として勢力を伸ばすが、政敵だった本多正信に弱みを突かれて失脚し、大久保一族はその功績の割に報われない悲哀を味わうことになる。
こうした憤懣を彦左衛門が三河物語と呼ばれる著作に著しているわけだが、本作では窓際に追いやられた老人の愚痴といったトーンは低めに描かれている。

他の作品にも見られる宮城谷作品の雰囲気はそのままに、日本の戦国時代が描かれていて新鮮な感じがあった。確か宮城谷氏が愛知県出身だったためなのか他の作品ではそれほど描かれない桶狭間後の三河一向一揆や甲信平定戦、北条氏との小競り合いなど比較的ローカルな合戦が深く描かれているのが良かった。

また、忠世の人徳や忠佐のいくさのうまさなど、その2人の活躍が際立っていて完全に彦左衛門を食ってしまっているが、これは将軍と下士官という立場の違いや実績の差によるものなので当然と思う。

そして岡部や柴田、鳥居など徳川家でもマイナーな武将たち、敵方でも北条氏直や今川氏真など微妙なクラスの大名の一面が描かれていたりして面白かった。

その中でも武田家に仕えていて、武田家滅亡後に徳川家に仕えた依田信蕃(よだのぶしげ)が最もキャラが立っていて感情移入しやすい人物だった。徳川軍に城を包囲されて開場する際にあくまで筋道や礼儀にこだわって堂々と進退をしたところが当時敵だった徳川家の武将たちに気に入られてしまう風変わりさがいい味を出していて良かった。


[本書の文庫版]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 宮城谷昌光,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック