fc2ブログ

『海外貿易から読む戦国時代』:雨読夜話

ここでは、「『海外貿易から読む戦国時代』」 に関する記事を紹介しています。
海外貿易から読む戦国時代 PHP新書 (PHP新書)
海外貿易から読む戦国時代 PHP新書 (PHP新書)
武光 誠
PHP研究所 2004-03-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
信長と十字架―「天下布武」の真実を追う (集英社新書)
日本を変えた!種子島の鉄砲とザビエルの十字架―大航海時代の日本人の才智
敗者から見た関ヶ原合戦 (新書y)
信長の戦争―『信長公記』に見る戦国軍事学 (講談社学術文庫)
百姓から見た戦国大名 (ちくま新書)

この本は、昨日書評を書いた『東京アウトサイダーズ』という第二次大戦後の東京で活躍したヤクザや不良外国人が出てくる本の直後に読んだので、お互いに出てくる人物がオーバーラップして感じられた。

戦国時代に倭寇の頭目として活躍した明の王直は、政府の摘発を避けるために貿易港の博多ではなく、五島や種子島で密貿易を行い、ポルトガル人の商人はマスケット銃を日本で売りさばいたために日本は欧州よりも高性能の銃を量産するようになってしまった。
(結果としてヨーロッパ人の大失敗)

これは言ってみれば、ヤクザや不良外国人が法の網を逃れて東京で麻薬や拳銃の闇取引を行っているのと全く変わらない。
違いと言えば、狭い世界になっている分だけ現代の方が政府や政治家とヤミの勢力が癒着していることか。

400年ほど時代に違いがあるが、人間のやっていることは本質的には変わってませんねえ。
このようなひねくれた見方から読んでいったので、非常に面白く読むことができた。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 武光誠,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック