fc2ブログ

『消された王権・物部氏の謎―オニの系譜から解く古代史』:雨読夜話

ここでは、「『消された王権・物部氏の謎―オニの系譜から解く古代史』」 に関する記事を紹介しています。
消された王権・物部氏の謎―オニの系譜から解く古代史 (PHP文庫)
消された王権・物部氏の謎―オニの系譜から解く古代史 (PHP文庫)
関 裕二
PHP研究所 2002-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
神武東征の謎―「出雲神話」の裏に隠された真相 (PHP文庫)
「出雲抹殺」の謎 ヤマト建国の真相を解き明かす (PHP文庫)
大化改新の謎―闇に葬られた衝撃の真相 (PHP文庫)
天孫降臨の謎―『日本書紀』が封印した真実の歴史 (PHP文庫)
壬申の乱の謎―古代史最大の争乱の真相 (PHP文庫)

古代日本で、仏教伝来に際してこれに激しく反発して仏教導入派の蘇我氏に滅ぼされた氏族、というのが物部氏に関する一般的なイメージか。

本書では物部氏を導入として、古代から日本における天皇家と鬼の関係を大胆な仮説で分析している。

物部氏の”モノ”とは神や鬼のような人間の力では逆らえないような大きな存在といった意味であるそうで、酒呑童子や金太郎のように子供の姿をして現れるというのが日本における伝説の1つのパターンである。

この鬼というのが誰から見た鬼かというと、独裁を志向した天皇および百済と縁の深い藤原氏から見た鬼という意味で、この勢力に敵対したものは鬼とされてきた。
具体的には、物部氏、蘇我氏、出雲、吉備、朝鮮半島の新羅、伽耶などで、日本書紀ではあまりいい扱いをされていないか、意図的にその事跡を消されている。

この勢力は排斥されたわけだが、これで衰亡してはおらず、闇の勢力として皮肉にも天皇家を永続させる働きをしてきたと結論付けている。

書かれていない、というのは単に事実がなかったからではなく、記録した者にとって都合が悪かったから記録しなかったという考え方があることを痛感した。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 関裕二,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック