fc2ブログ

『源氏と日本国王』:雨読夜話

ここでは、「『源氏と日本国王』」 に関する記事を紹介しています。
源氏と日本国王 (講談社現代新書)
源氏と日本国王 (講談社現代新書)
岡野 友彦
講談社 2003-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
藤原氏千年 (講談社現代新書)
貨幣とは何だろうか (ちくま新書)
身体から革命を起こす (新潮文庫)
家康はなぜ江戸を選んだか (江戸東京ライブラリー)
王朝貴族物語―古代エリートの日常生活 (講談社現代新書)

中世から近世にかけての日本の最高権威は天皇、最高権力は将軍というイメージで捉えられることが多いが、実際はそうでないのではないかということを分析した本。

鎌倉幕府の源氏、室町幕府の足利氏、江戸幕府の徳川氏と皆源氏を名乗っているが、源氏は天皇家から分かれた姓であり、この源氏のリーダーとして「源氏長者」という役職がある。
表向き将軍という権力者たちは源氏長者となった者が日本国王、ここでいうところの外交における日本の最高責任者として扱われたように記述されている。

徳川家康が系図を操作してでも源氏を称し、そして公家および武家の最高位、つまり天皇の第1の臣下というべき源氏長者になることにこだわった背景が分かった。

話の展開がやや分かりにくい所もあったが、それなりに勉強になった。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
この本は再読なんですが、非常に興味深いテーマなので、何回か読み直してます。 簡単に言うと「征夷大将軍は日本の国王なのか」とか、「源氏でなければ征夷大将軍にはなれないのか」といった疑問点に答えてくれる一冊です。 ただ、それを知る上での前提条件は、結構難し...
2010/05/09(日) | 【徒然なるままに・・・】