fc2ブログ

『日本型ポピュリズム』:雨読夜話

ここでは、「『日本型ポピュリズム』」 に関する記事を紹介しています。
日本型ポピュリズム―政治への期待と幻滅 (中公新書)
日本型ポピュリズム―政治への期待と幻滅 (中公新書)
大嶽 秀夫
中央公論新社 2003-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
首相支配-日本政治の変貌 (中公新書)
日本政治の対立軸―93年以降の政界再編の中で (中公新書)
デモクラシーの論じ方―論争の政治 (ちくま新書)
小泉純一郎 ポピュリズムの研究―その戦略と手法
「不利益分配」社会―個人と政治の新しい関係 (ちくま新書)

90年代の日本の政治史に登場してきた細川護煕、加藤紘一、田中真紀子、小泉純一郎といった一時的に人気を博した政治家に対する期待とその後の幻滅の模様を描き、マスコミの報道との関連を分析している。

失われた10年と言われるこの時期は政治のワイドショー化が盛んに言われた時期でもあり、この流れにて政治の流れが分かりやすく説明されており、政局の流れの概略を把握するのに便利である。

この中でポピュリスト政治家として典型的な例は、圧倒的な人気とそれに対し実績が分かりにくいという点で、やはり田中真紀子か。語られた事例で何がイヤかといえば普段はベルサーチを着ているくせして庶民的なイメージを持たせるために有権者の前でだけジャージ姿になることや、都合が悪くなるとすぐに弱者ぶるあたりで、外務省での騒動の前からもあまり好きではなかった。
小泉内閣発足時に外相就任とを知った時も、”飾りにしておくだけでいいのに”という印象を持ったものだ。何より理論も戦略も実績もないのがよろしくない。

後半では「サンデープロジェクト」「ニュースステーション」「ニュース23」などの政治を扱ったテレビニュースの変容と、政治のワイドショー化について述べている。
ワイドショー化しても何とか国は動いているわけでそれだけ平和なのだと思う反面、マスコミのミスリードで政治が動くことも多いはずなので、注意が必要だと思った。

ただし、マスコミの影響力も通用しない場合も最近は増えてきたようにも思える。これまで報道はおおむね左寄りであったが、不審船問題や小泉内閣に対する評価などでマスコミの報道と国民の世論が乖離しているので、このあたりについても別の本にて論考してもらいたいものである。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック