fc2ブログ

『真田信之―弟・幸村をしのぐ器量を備えた男 』:雨読夜話

ここでは、「『真田信之―弟・幸村をしのぐ器量を備えた男 』」 に関する記事を紹介しています。
真田信之―弟・幸村をしのぐ器量を備えた男 (PHP文庫)
真田信之―弟・幸村をしのぐ器量を備えた男 (PHP文庫)
川村 真二
PHP研究所 2005-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
真田幸隆 「六連銭」の名家を築いた智将 PHP文庫 (PHP文庫)
真田昌幸 (学研M文庫)
真田幸隆 (学研M文庫)
北条氏康―信玄・謙信と覇を競った関東の雄 (PHP文庫)
戦国最強軍団真田六文銭合戦記―小説よりも面白い真田一族の真実 (ぶんか社文庫)

真田信繁(幸村)の兄である真田信之の小説。
信繁が幸村としてあまりに有名なためその印象はかすみがちではあるが、江戸時代真田家が残ったのはこの人がいたからである。

本多忠勝の娘婿になり、その後は徳川家康の忠実な家臣として生きたために政治家としての印象が強いが、若い頃徳川家との戦いでは大将として徳川軍をさんざん苦しめるなど、父昌幸も一目置くほどの勇猛な武将でもあった。

大阪夏の陣ではなばなしい最期を遂げた信繁とは対照的に活躍が目立たないが、創業よりも守成が難しいという言葉があるように、徳川家を苦しめた真田家を取り潰そうとする徳川家の策謀に対して敢然と立ち向かい、家を守り抜いたことはさぞかし大変だったと思う。

これは藤堂高虎などにも言える事だが、成功者として畳の上で死ぬことが出来たので印象が薄くなっているのだろう。
こうした人の業績はもっと評価されてもいいと思う。

関ヶ原の合戦後、A級戦犯となった昌幸と信繁の助命に奔走するところなど、緊迫した感じが出ていたと思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック