fc2ブログ

『生物と無生物のあいだ』:雨読夜話

ここでは、「『生物と無生物のあいだ』」 に関する記事を紹介しています。
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
福岡 伸一
講談社 2007-05-18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
できそこないの男たち (光文社新書)
時間はどこで生まれるのか (集英社新書)
生命と食 (岩波ブックレット)
もう牛を食べても安心か (文春新書)
プリオン説はほんとうか?―タンパク質病原体説をめぐるミステリー (ブルーバックス)

先日読んだ、『生物と無生物の間-ウイルスの話』と読みが同じで少々紛らわしいものの、このジャンルにしてはかなり売れているということで少し触れていた本で、せっかく同じ読みの本があるのだからと読んでみた。

著者は分子生物学者ということで、本書は細胞やDNAといったあたりのメカニズムが解明されてきた過程を通して生命について語られている。
Amazonのレビューを見ると賛否両論といった感じで、タイトルと内容が必ずしも合っていないところが批判されていてあざといとは感じたが、扱われている内容そのものは知らないことばかりが出てきて面白い。

ウイルスの発見から遺伝子のありか探し、そしてワトソンとクリックによるDNAのらせん構造モデルの発表、タンパク質や分子の生命に果たしている役割の解明といった感じで話が進んでいく。

特に興味深かったのはDNA構造が解明される以前に物理学者として有名なシュレディンガーが、『生命とは何か』という著作の中で、
 ・原子は非周期性結晶ではないか
と語ってワトソンやクリックなどの科学者たちに影響を与えたほか、
 ・なぜ原子はこんなに小さいのか
つまり原子に比べてなぜ生物、そしてそれを構成する細胞がこれほど大きいのかと問題提起しているところである。
原子の動きによる誤差を修正するためにある程度以上のサイズがあることや、生物が「負のエントロピー」によって生き続けようとする概念を示していた。

また、シェーンハイマーという学者が生物における原子の動きをたどったところ、つねに生物を構成する原子が入れ替わっていることを発見し、秩序は守られるために壊されるという考え方がシュレディンガーの予言に符合していたのも伏線が生きたミステリーのような感じで読んでいくことができた。

その後、生命活動に必要と思われるある種の遺伝子を完全に取り除いた細胞から生まれたマウスがどのようになるか実験すると正常に活動しているのに、その遺伝子を不完全な形で付加した細胞から生まれたマウスは異常を起こして死んでしまう結果から、生命の寛容かつ微妙なメカニズムに踏み込んで行っていたりして、これだけ売れるのも納得できるほどの知的刺激を受けることができた。

ただ、科学者にしてはかなり表現が大げさだったりして文章がクサい。
自分の研究生活を振り返ってからの記述から始まることが多いことや、脱線の多さなど科学書かエッセイかという中途半端なスタンスに違和感を覚えた。
平明に論じてもらえる方がよかったが、こういったクセのあるところも魅力なのだろう。

それはそれとして、シュレディンガーが遺伝子について語っている以下の本も、いずれ読もうと思っている。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
福岡伸一 『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)、読了。 やっぱり福岡センセの文章は、リズム感が心地よいですねぇ♪ そこに、最前線の生物学の研究成果と、生物とは何かというような哲学的な問いと 科学者としての倫理観のようなものとが絡み合い、非常に興味深い内容になっています。 冒頭の野口英世の業績についての話は、驚きました。 その業績の数々が、ひっくり返されているとは・...
2015/04/21(火) | 観・読・聴・験 備忘録