fc2ブログ

『ショートショートの広場 (17)』:雨読夜話

ここでは、「『ショートショートの広場 (17)』」 に関する記事を紹介しています。
ショートショートの広場 (17) (講談社文庫)
ショートショートの広場 (17) (講談社文庫)
阿刀田 高
講談社 2005-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ショートショートの広場18 (講談社文庫)
ショートショートの広場〈16〉 (講談社文庫)
ショートショートの広場19 (講談社文庫)
ショートショートの広場〈15〉 (講談社文庫)
ショートショートの広場〈14〉 (講談社文庫)

小説現代で連載されている、一般からの投稿によるショートショートが収録されているシリーズの17冊目。
当初の評者は星新一だったが、星氏の死去に伴い10冊目から阿刀田高氏へ代わっている。

作者が不定であるため、あっとおどろくもの、しんみりくるもの、くだらない笑いのものなど、様々な作品を楽しむことが出来る。

本書の中では「背中」、「繭」、「喜怒哀楽!? 年賀状」、「やぎさん社会の郵便改革」といった作品が面白かった。

ショートショートという作品の性質上あまり詳しく書けないが、「背中」ではコミカルな会話?が、「繭」は次に何が起こるのかという話の進め方が、「喜怒哀楽・・・」は清水義範やかんべむさしのようなセリフの掛け合いが、「やぎさん・・・」は最後の結末が良かった。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 阿刀田高,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック