fc2ブログ

『新・世界の七不思議』:雨読夜話

ここでは、「『新・世界の七不思議』」 に関する記事を紹介しています。
新・世界の七不思議 (創元推理文庫)
新・世界の七不思議 (創元推理文庫)
鯨 統一郎
東京創元社 2005-02-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)
九つの殺人メルヘン (光文社文庫)
浦島太郎の真相 恐ろしい八つの昔話 (カッパノベルス)
千年紀末古事記伝ONOGORO (ハルキ文庫)
親鸞の不在証明 (ノン・ノベル)

『邪馬台国はどこですか』の姉妹作。
前作にも登場した静香と宮田の論争が松永のバーで繰り広げられる。

今作でのお題はストーンヘンジにピラミッド、秦の始皇帝、モアイ象など世界中で謎とされる建造物や人物についてである。

宮田の珍説は相変わらずで、そのトンデモぶりと屁理屈の立て方には危うく納得してしまいそうになる。
が、今作は題材が少しばかり大きすぎというかとらえどころがなかったせいか、日本に結び付けすぎで苦しかったように感じる。
面白かったことに変わりはないが。

マスターの松永の出す料理がいいアクセントになっている。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 鯨統一郎,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
鯨統一郎 『新・世界の七不思議』(創元推理文庫)、読了。 早乙女静香シリーズの第2弾。 邪馬台国に続いて、今度は世界史における不思議が、 バー・スリーバレーで解明されていきます。 前作では、小説形式にしたことが作品にあまり効果をあげていないように感じたのですが、 本作では随分と読みやすくなりました。 キャラクターの役割分担がハッキリしていますし、 無闇矢鱈に持論を戦わせ...
2014/09/05(金) | 観・読・聴・験 備忘録