FC2ブログ

『成毛真のマーケティング辻説法』:雨読夜話

ここでは、「『成毛真のマーケティング辻説法』」 に関する記事を紹介しています。
成毛真のマーケティング辻説法 (日経ビジネス人文庫)
成毛真のマーケティング辻説法 (日経ビジネス人文庫)
成毛 真
日本経済新聞社 2005-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
会社のつくり方 (日経文庫)
新世代ビジネス、知っておきたい60ぐらいの心得 文春文庫 (文春文庫)
新世代ビジネス、知っておきたい四賢人版マーケティングの心得 (文春文庫)
藤巻健史×成毛眞×松本大 トーキョー金融道 ―トーキョーの、ニッポンの、世界の金融のイマがもっとも過激にわかる本。
鷲は舞い降りた (ハヤカワ文庫NV)

マイクロソフト日本法人の元社長である著者が、マーケティングに関する様々なアイデアを語る本。

マーケティングと営業活動は同じようなものと思っていたが、両者は違う概念であるとあった。
営業は売上を最大にすることが目的であるのに対し、マーケティングは「肉を切らせて骨を断つ」ような綜合的に利益を最大にすることだということである。
マーケティングが戦略、営業が戦術とでも言えるだろうか。

「貴重な時間を無駄遣いさせろ」、「普通の生活志向を狙え」、「専門用語で宣伝しよう」など、一見逆説的に見える戦略を提唱している。
常識にとらわれない視点が多く出てきて、面白かった。



本棚にもルールがある---ズバ抜けて頭がいい人はなぜ本棚にこだわるのか本棚にもルールがある---ズバ抜けて頭がいい人はなぜ本棚にこだわるのか

成毛眞
ダイヤモンド社 2014-12-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 成毛眞,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
成毛誠、日経MJ 『マーケティング辻説法』(日経ビジネス人文庫)、読了。 歯に衣着せぬ言いぶりと断言が小気味良くて、結構好きな成毛作品。 本作も日経MJでの連載をまとめたもののようで、 短い文章に具体的な企業名をちりばめながら ポイントを押さえての解説が続くので、分かりやすいです。 マイクロソフト時代、社員の下位5%を切ってきたという話。 毎年5%切って、新たに優秀な人間をセレクトして同...
2019/11/30(土) | 観・読・聴・験 備忘録