fc2ブログ

『戦国秘譚 神々に告ぐ〈上〉』:雨読夜話

ここでは、「『戦国秘譚 神々に告ぐ〈上〉』」 に関する記事を紹介しています。
戦国秘譚 神々に告ぐ〈上〉 (角川文庫)
戦国秘譚 神々に告ぐ〈上〉 (角川文庫)
安部 龍太郎
角川書店 2002-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
戦国秘譚 神々に告ぐ〈下〉 (角川文庫)
関ケ原連判状〈上巻〉 (新潮文庫)
関ケ原連判状〈下巻〉 (新潮文庫)
彷徨える帝〈上〉 (角川文庫)
信長燃ゆ〈上〉 (新潮文庫)

戦国時代、都を追われた室町幕府将軍足利義輝と、傀儡の足利義維を担いで幕府の実権を握ろうとする三好長慶の対立の中で、公家の近衛前嗣が活躍する歴史小説。

前嗣は義輝と従兄弟であることもあり、他の大名を動かして三好氏を除こうと画策するが、長慶の重臣である松永久秀が立ちはだかり虚々実々の駆け引きが繰り広げられる。

上編としては義輝軍と長慶軍の激突で終わるが、他の印象については下編で。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 安部龍太郎,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック