『あなたはコンピュータを理解していますか? 10年後、20年後まで必ず役立つ根っこの部分がきっちりわかる!』:雨読夜話

ここでは、「『あなたはコンピュータを理解していますか? 10年後、20年後まで必ず役立つ根っこの部分がきっちりわかる!』」 に関する記事を紹介しています。
あなたはコンピュータを理解していますか? 10年後、20年後まで必ず役立つ根っこの部分がきっちりわかる! (サイエンス・アイ新書)
あなたはコンピュータを理解していますか? 10年後、20年後まで必ず役立つ根っこの部分がきっちりわかる! (サイエンス・アイ新書)
梅津 信幸 (著)
ソフトバンク クリエイティブ 2007-03-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
プログラムのからくりを解く ルート検索や料金計算はどうやっているの? [サイエンス・アイ新書]
コンピュータはなぜ動くのか~知っておきたいハードウエア&ソフトウエアの基礎知識~
プログラムはなぜ動くのか 第2版 知っておきたいプログラミングの基礎知識
ネットワークはなぜつながるのか 第2版 知っておきたいTCP/IP、LAN、光ファイバの基礎知識
やさしいIT講座―6時間でわかるPCの基本 (I・O BOOKS)


”10年後、20年後まで必ず役立つ”とあるように、コンピュータが動作する仕組みについて、様々なたとえ話を用いて普遍的に分かりやすく解説している本。

エントロピーやチャネルなど専門用語が出てくるが、それらの意味の理解はひとまず置いといて先を追って読み進んでいくと、漠然としたイメージが形成されるように書かれている。

本書に書かれていることを直接知らなくてもコンピュータの関連業務に携わることはできるが、こうした基礎的なところを知っておくのと知らないままにしておくのとでは、コンピュータ関連に対する見方が大きく違ってくる。

特に、”バグがない状態は可能だが、バグがない証明は不可能”とあるところや、設計者のイメージと設計書の内容、完成した製品の間ではどうしても違いが出てくるところなど、経験上よく思い知らされているところで、非常に共感できた。
もちろん完全がむずかしいから適当でもいいというわけではなく、完全に近づける努力や工夫を重ねることが必要なのは言うまでもない。

本書の次に読んだ方がいい参考図書も終わりの方で挙げられているのも親切な構成になっている。
そして参考図書の書かれた後のページにも「よい本を選ぶコツ」というコラムがあり、まずは数をこなして本による相違を知り、共通したところの理解を深めていくことが勧められていてなるほどと思った。
読みやすそうな本から少しずつ読んで、コンピュータやそれに関連したところの理解を広さ・深さともに上げていきたい。

[本書で、参考図書に挙げられていた作品]

パソコン入門からIT専門書まで幅広く取り揃えています。セブン-イレブン受取り手数料無料のセブンネットショッピング。

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
プログラムのからくりを解く ルート検索や料金計算はどうやっているの? [サイエンス・アイ新書]高橋 麻奈ソフトバンククリエイティブこのアイテムの詳細を見る 今回は、高橋麻奈『プログラムのからくりを解く』を紹介します。本書は、プログラムについて基本の基本から...
2010/05/14(金) | itchy1976の日記