fc2ブログ

『先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学』:雨読夜話

ここでは、「『先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学』」 に関する記事を紹介しています。

先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学
先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学
小林 朋道 (著)
築地書館 2007-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
先生、シマリスがヘビの頭をかじっています!
先生、子リスたちがイタチを攻撃しています!
いつか僕もアリの巣に
人間の自然認知特性とコモンズの悲劇―動物行動学から見た環境教育
セックスと科学のイケない関係


鳥取環境大学の人間動物行動学教授による、著者や学生たちと周囲の動物たちとが起こすさまざまな事件や、人間を含めた動物たちの行動様式などを軽妙に語っているエッセイ。

まず表題のつけ方が手にとって読んでみようという気を起こさせるに十分なもので、文章も学者学者したところが少なく読みやすい。
ちなみに表題の事件は、学生が夜間の学内でコウモリを見つけたために後日発見・捕獲したところ日本では生態があまり知られていない種類のコウモリだったという逸話で、他にもヘビやタヌキ、シカ、ヤギなど多くの動物との関わりが書かれている。

著者は基本的にこのタイプの動物が専門ということがないようで、大きな青大将を見つければ尻尾を踏んで逃げられないようにしてから胴から頭を押さえて捕まえたかと思えば、森でアナグマの親子に遭遇という通常ではパニックになる恐ろしい体験をしたりと、自然の中での生活を楽しんでいる様子がよく伝わってくる。

また、動物行動学の専門家として著者や学生たちがしばしば珍しい動物に遭遇するのはそれらに対する感性をこれまで養ってきたからだとしていたり、人間が動物と意思を通じ合うように思われる時があるのは、擬人化という様式で重要であると書いているところは、単に面白いだけでない深みがあってこれもまた味わい深い。
動物と意思を通じ合う感覚というところは、子供の頃に読んだドリトル先生物語を読んだ頃の気持ちも思い出す。

肩肘張らずに読め、くどくならない程度に自然環境や動物の生態についての重要性も訴えられているのも好感が持てる。
続編が2作出ており、これらも読んでみたい。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 小林朋道,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック