FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


戦国日本と大航海時代 - 秀吉・家康・政宗の外交戦略 (中公新書 2481)
戦国日本と大航海時代 - 秀吉・家康・政宗の外交戦略 (中公新書 2481)
平川 新
中央公論新社 2018-04-18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本統治下の朝鮮 - 統計と実証研究は何を語るか (中公新書 2482)
世界史序説 (ちくま新書)
経済学者たちの日米開戦:秋丸機関「幻の報告書」の謎を解く (新潮選書)
海賊の日本史 (講談社現代新書)
明治の技術官僚 - 近代日本をつくった長州五傑 (中公新書 2483)
グローバル化と世界史 (シリーズ・グローバルヒストリー)
大航海時代の日本人奴隷 (中公叢書)
後醍醐天皇 (岩波新書)
信長はなぜ葬られたのか 世界史の中の本能寺の変 (幻冬舎新書)
ヴィルヘルム2世 - ドイツ帝国と命運を共にした「国民皇帝」 (中公新書)


秀吉の朝鮮出兵前後の強硬な外交から、信長、秀吉、家康、政宗らの外交や大航海時代にスペインやポルトガルが日本に対して持っていた印象、日本が侵略を受けなかった事情などについて考察している作品。

イエズス会などのキリスト教宣教師たちは時代のこともあってかなり好戦的な者が多かったらしく、報告書ではすぐに日本を征服すべきだと主張しているものが多く残っているそうで、インパクトがある。
それに対してまずはキリスト教徒を増やしてから征服すべきだとの意見が採用されたようだが、どちらの方法が日本を征服しやすかったのかはよく分からない。

信長はスペインやポルトガルが多くの兵力を送り込めないことを見透かしていたために宣教に寛容だったが、反乱を起こした荒木村重からキリシタン大名の高山右近を切り離すために宣教師を脅迫することも辞さないなど、ドライに対応していることが分かる。

秀吉の時代が本書のポイントとなっていて、スペインやポルトガルが明や日本を征服する意図があることを把握した上で、先に明を征服する目的もあっての朝鮮出兵を行ったことが分かってくる。
朝鮮出兵の結果は失敗に終わるが、日本の軍事力をスペインやポルトガルに見せ付けることには成功し、これ以後は直接的な武力侵攻を諦めたことが書かれている。

これに対応して、外交相手だった戦国大名は文書に「王」と書かれていたが、全国を支配した秀吉や家康のことは「皇帝」と書かれていて、日本は明と同じレベルの「帝国」と認識されている話が興味深い。
当時の西欧で帝国は神聖ローマ帝国のみであり、想像していた以上に軍事大国だったということだろう。

家康の時代は当初はポルトガル、スペイン、オランダ、イギリスと全方位外交を志向していたが、あくまで布教にこだわって日本船が貿易に参入することを嫌がるスペインとポルトガルには距離を置き、新教国で布教にこだわらない姿勢を見せるオランダ、イギリスを選んでいく過程が書かれている。
ポルトガルやスペインの史料には家康を悪く書かれたものが多いようだが、これは当事者の事情によるところが大きい。

伊達政宗では、支倉常長を代表とした慶長遣欧使節の話が扱われている。
この使節団は「徳川幕府に反乱を起こすため?」という説もあるが、幕府の役人も乗船していることから少なくとも勝手に実施したものでないことは分かる。
著者によるとスペインやメキシコと交易をする条件として、仙台藩をキリスト教の「布教特区」にすることを提案したのではないか?と推察している。
これも結局は交渉がうまくいかず、常長の帰国後すぐに仙台藩でもキリスト教の禁教令が出されている。

山っ気があってしたたかな交渉力を駆使する宣教師たちと、信長、秀吉、家康、政宗といった大名たちのやり取りは激しいものだっただろうことが分かり、思っていた以上に刺激的な内容となっている。
この時代は色々な意味でエネルギッシュだったのだろうと思い、さらに関心を持った。





にほんブログ村 本ブログへ

教科書にないお金の増やし方・守り方~行動経済学で解決する50のムダづかい
教科書にないお金の増やし方・守り方~行動経済学で解決する50のムダづかい
大江 英樹
大和書房 2016-12-18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!
その損の9割は避けられる: “後悔しない選択”ができる行動経済学 (単行本)
投資の鉄人 (日経プレミアシリーズ)
知らないと損する 経済とおかねの超基本1年生
1000円からはじめる! お金の増やし方
老後不安がなくなる 定年男子の流儀
投資賢者の心理学 ―行動経済学が明かす「あなたが勝てないワケ」
お金の常識を知らないまま社会人になってしまった人へ
お金持ちになる心理学
お金は寝かせて増やしなさい


行動経済学から、消費や投資といったお金にまつわる不合理や行動を突いたセールス手法の注意点を解説し、無駄遣いを減らす方法を語っている作品。

払ったからには元を取ろうというサンクコストに反する心理、一旦所有したものを手放すのがつらい心理を突いた返品OKのサービス、無料や限定という言葉の魔力など、消費や投資をする中で目にすることが多いものがいくつも出てくる。

ついつい引き寄せられてしまう話も多く、なぜそのサービスをしているのか?を考えたり、本当にそれが欲しいのか?を確認することで、無駄遣いを減らしたいところである。

注意しておきたいことがいくつも書かれているので、読んでおくと後々役立つと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

陰謀の日本中世史 (角川新書)
陰謀の日本中世史 (角川新書)
呉座 勇一
KADOKAWA 2018-03-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)
戦争の日本中世史: 「下剋上」は本当にあったのか (新潮選書)
一揆の原理 (ちくま学芸文庫 コ 44-1)
観応の擾乱 - 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い (中公新書)
タンゴと日本人 (集英社新書)
武士の日本史 (岩波新書)
壬申の乱と関ヶ原の戦い――なぜ同じ場所で戦われたのか (祥伝社新書)
日本史のツボ (文春新書)
信長はなぜ葬られたのか 世界史の中の本能寺の変 (幻冬舎新書)
南朝研究の最前線 (歴史新書y)


著書『応仁の乱』がベストセラーになって脚光を浴びた歴史学者による、日本史における陰謀論におけるあやしさや陰謀論が生み出される事情などを語っている作品。

平安時代末期の皇室・貴族・武士が絡んだ戦乱、源平合戦、鎌倉時代の源氏や有力御家人間の殺し合い、建武の新政から観応の擾乱、応仁の乱、本能寺の変、関ヶ原の合戦などが扱われている。

黒幕とされてきたのは後白河法皇、平清盛、源頼朝、北条一族、足利尊氏、日野富子、豊臣秀吉、徳川家康などだが、必ずしも彼らがシナリオ通りに事件をリードしたとは思えない史料を紹介し、陰謀論の危険性を指摘している。

登場する歴史上の人物にはそれぞれの思惑があって動くことでいくつも誤算が生まれるわけで、当初は別の落としどころを探っていたケースが多いことに驚かされる。

後世の権力者の都合や、勝者が陰謀を仕組んだとするのが分かりやすいこと、通説と異なる話を知っているという優越感にひたれるなどの理由で陰謀論が語られていて、納得しやすい。

そして歴史学者が陰謀論にあまりコメントをしないのは、荒唐無稽すぎて論破するのも時間の無駄と考えているためという。
そしてそれだと陰謀論が無秩序に広まることに問題意識を持ち、本書を執筆したことを書いている。

陰謀論は面白いのだが、危険な部分も多いので改めて気をつけなければならないと思った。






にほんブログ村 本ブログへ

明治維新で変わらなかった日本の核心 (PHP新書)
明治維新で変わらなかった日本の核心 (PHP新書)
猪瀬 直樹 磯田 道史
PHP研究所 2017-11-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
素顔の西郷隆盛 (新潮新書)
徳川がつくった先進国日本 (文春文庫)
日本史の内幕 - 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで (中公新書)
日本人の叡智 (新潮新書)
NHK英雄たちの選択 江戸無血開城の深層
平成の重大事件 日本はどこで失敗したのか (朝日新書)
戦乱と民衆 (講談社現代新書)
龍馬史 (文春文庫)
歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる (PHP新書)
江戸の備忘録 (文春文庫)


元東京都知事の猪瀬直樹と、歴史学者の磯田道史による対談本。
長い歴史の中で続いてきた日本の社会システムや考え方などについて論じている。

官司請負制(国の業務を特定の氏族に委託するシステム、例えば軍事を源氏や平氏に委託するなど)や宗教卓越国家から経済卓越国家への転換、1500~1700年を「偉大なる200年」とするなど、初めて知るモデルや概念がいくつも出てきて刺激的な内容となっている。

朝廷でやっていた官(例:従三位と職(例:三河守)のような「官職二元制原理」が現代の企業でも職位(例:課長)と資格(主事)のように続いているという話も面白い。
2人はやや批判的に見ているように思えたが、両名とも民間企業に勤めた経験がほとんどないと思われるので、どの程度的を得ている意見なのかは分からない。

「偉大な200年」の時期に中国の影響から自立したり、宗教勢力を抑えることに成功するなど、思っていた以上に着実に社会が変化していったことにも少し驚く。

江戸時代では実質的に土地を所有していて中小企業経営者に近い存在となっていた農民と、領主としての性格を失って官僚やサラリーマンに似てきた武士というコントラストで語られていて、マルクス主義史観がいかに上っ面をなぞったものだったかが分かってくる。
身分間の格差よりも身分内での格差(例えば農民では大地主と小作人)の方が大きかったという話は示唆に富む。

江戸時代は世襲による安定と抜擢による実力主義の組み合わせが絶妙だったことや、情報が意外と早く伝わっていたことなど、歴史から学べることは実に多い。

いいところも悪いところも含めた日本らしさの感じが語られていて、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ

キリスト教からよむ世界史 (日経ビジネス人文庫)
キリスト教からよむ世界史 (日経ビジネス人文庫)
関 眞興
日本経済新聞出版社 2018-02-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「民族」で読み解く世界史
30の「王」からよむ世界史 (日経ビジネス人文庫)
ワインの世界史 自然の恵みと人間の知恵の歩み (日経ビジネス人文庫)
30の発明からよむ日本史 (日経ビジネス人文庫)
信長はなぜ葬られたのか 世界史の中の本能寺の変 (幻冬舎新書)
逆転の世界史 覇権争奪の5000年
科学者はなぜ神を信じるのか コペルニクスからホーキングまで (ブルーバックス)
テンプル騎士団 (集英社新書)
昭和の怪物 七つの謎 (講談社現代新書)
日本史のツボ (文春新書)


キリスト教が世界史に与えた影響などについて、30章にわたって紹介している作品。

中東で生まれたキリスト教がローマ帝国に伝わり、ローマ帝国の東西分裂によってローマとビザンティンの2つの教会に分かれるなど、教義などをめぐって分化を繰り返しながら世界各地に広まっていったことが書かれている。

中世からはローマカトリックを中心とした記述になっていて、神聖ローマ皇帝(ドイツ王)、フランス王、スペイン王といった世俗の君主たちやイタリアに割拠するさまざまな都市国家と戦ったり協定を結んだりと、教皇領の君主として活動する話も多い。
近代でもナポレオン、ビスマルク、ヒトラー、ムッソリーニといった英雄や独裁者たちとのやり取りも描かれている。

ローマ教皇には優れた人物もつまらない人物も陰謀家もいたわけで、叙任権をめぐる神聖ローマ皇帝との争い、カノッサの屈辱、十字軍、贖宥状など、多くのトピックが出てくる。
堕落していた時代は聖職者の位を売官したり聖職者が妻帯していたなど、聖職者といえども人間だと思わされる部分が多い。

近代以降は植民地支配や大規模になってきた戦争との関わりで苦悩する教皇の姿が多く書かれている。
そしてイタリア人が多く務めてきた教皇もヨハネ・パウロ2世(ポーランド出身)、ベネディクト16世、現在のフランシスコ教皇(アルゼンチン出身)と、イタリア以外の出身者が教皇になっている事象は興味深い。
はたして、ヒスパニックや黒人など有色人種の教皇が誕生する日は来るのか・・・?

ヨーロッパ史と同様にローマ教皇もまたイノケンティスとかピウスとかレオとかユリウスとか、同じような名前の人物が多く登場して覚えられないのが難点なので、別で分かりやすい人物伝みたいな本があれば理解しやすくなるのではないかと思う。

なじみが少なくて初めて知った話が多く書かれていて、ためになった。






にほんブログ村 本ブログへ