読んだ本の感想をつづったブログです。


孟子・荀子―中国古典百言百話 (13) (PHP文庫)
孟子・荀子―中国古典百言百話 (13) (PHP文庫)
久米 旺生
PHP研究所 1995-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
孟子 (講談社学術文庫)
荀子 下 (岩波文庫 青 208-2)
大学 (講談社学術文庫)
老子・列子 (中国の思想)
諸子百家―儒家・墨家・道家・法家・兵家 (中公新書)
宋名臣言行録 (ちくま学芸文庫)
言志四録(4) 言志耋録 (講談社学術文庫)
荀子 (中国の思想)
宮本武蔵「五輪書」 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)


『孟子』と『荀子』に収録されている言葉200を現代語訳し、解説している作品。
『孟子』が90、『荀子』が110という割合になっている。

孟子も荀子も戦国時代の斉での活動が比較的長かったことが共通していて、孟子の方が少し前の世代となる。

前半の『孟子』では孟子が斉の宣王や梁の恵王といった君主たちの諮問に答えたり、他の論客と論争するシーンが多く収録されている。
特に宣王に対しては理想の国を運営してくれる見込みがあると見たのか、誘導尋問めいた問いかけをして痛いところを突かれた宣王が他の家臣に別の話をしてごまかされたり、宣王から呼び出されたのにわざと仮病を使ってもったいをつけたりと、駆け引きをしているところが興味深い。

他の論客との論争も多く、例えば告子(こくし)という人物は人は性善説でも性悪説でもないという説を説いて孟子のライバルとなっていたらしいことが分かる。
この告子がその後忘れられたようなのは、おそらく性善説や性悪説のようにとがったところが足りなかったためではないかと思う。
こうした論客との論争においても孟子は、時々論理が怪しくなったりしながらも積極的に論じているところが印象に残る。

後半の『荀子』では問答するシーンは弟子の李斯(後に秦の始皇帝の宰相)からの質問に回答するところくらいで、多くは著述となっている。

人はあくまで後天的な教育によって良くなるという考えをベースに、当時としては珍しく天と人を分けて考える主張(「政治が悪いから災害が起こった」みたいな考えをしないこと)、君主の性質に応じて宮仕えの方法が異なること、音楽や権威付けのための道具や制度の意義を認めていることなど、表現はともかくとして現代でも通用しそうな考え方であることを再認識させられる。

荀子の思想を推し進めると弟子である李斯や韓非子のような法家思想になるが、法律に任せるのではなくあくまで人間が主体というか人間の性質を信じているというところに楽天的なところが垣間見えるところに好感が持てる。

荀子は戦国時代後期に活動していたため、儒家、老荘、墨子といったそれまでの諸子百家の思想は既に知っているわけで、孔子だけは認めてそれ以外の思想家たちを批判しているところも注目ポイントとなっている。

80年代に書かれたために著者の解説で少し古びた記述も少しあるが、『孟子』と『荀子』の思想における特長や彼らがどのようなことを語っていたのかが分かり、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 荀子,

千夜一夜物語 (まんがで読破)
千夜一夜物語 (まんがで読破)
バラエティアートワークス
イースト・プレス 2010-02-28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
リア王 (まんがで読破)
カラマーゾフの兄弟―まんがで読破
ドン・キホーテ (まんがで読破)
ヴェニスの商人 (まんがで読破)
クリスマス・キャロル (まんがで読破)
好色一代男 (まんがで読破)
神曲 (まんがで読破)
罪と罰 (まんがで読破)
失われた時を求めて (まんがで読破)
ファウスト (まんがで読破)


イスラム文学として名高い『千夜一夜物語』を漫画化した作品。

女性を信じられなくなったシャハリヤール王が毎朝女性を殺すようになったある日、シェラザードという大臣の娘が王宮へ行き、面白い話をすることで続きを聞きたい王から処刑されることを引き延ばしたというのがこの話で、本作では以下の6作が収録されている。
  • 「せむし男の物語」
  • 「美しきジャリスとアル・ディンの物語」
  • 「アジズとアジザの物語」
  • 「空飛ぶ黒檀の木馬の物語」
  • 「床屋と紺屋の物語」
  • 「靴直しのマアルフと女房ファティマーの物語」
カリフ(教王)やスルタン(世俗の王)などイスラム社会の予備知識があったほうがいい部分もあるが、基本的には分かりやすくて楽しめる話となっている。

ややコメディタッチのもの、愚行を乗り越えてハッピーエンドとなるものとバッドエンドとなるもの、微妙な人間関係にまつわる感情が物語に影響を与えるものと多彩で、他にも面白い話がいくつもあるのだろうと期待させてくれる。

扱われている話も文章だともっとこまかな描写が書かれていると思うので、入り口として読むにはなかなか良かったのではないかと思っている。






にほんブログ村 本ブログへ

徳川家康の経営学―激動の時代を生き抜く (人物文庫)
徳川家康の経営学―激動の時代を生き抜く (人物文庫)
童門 冬二
学陽書房 2002-12-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
家康の仕事術―徳川家に伝わる徳川四百年の内緒話 (文春文庫)
徳川家康の人間力
家康に訊け!―人情通だからできた「非情の経営」 (ノン・ポシェット)
「人望力」の条件 歴史人物に学ぶ「なぜ、人がついていくか」 (講談社+α文庫)
将の器・参謀の器―あなたはどちらの“才覚"を持っているか (青春文庫)
徳川家康大全
1人で100人分の成果を出す軍師の戦略
「戦国大名」失敗の研究 (PHP文庫)
天下統一 秀吉から家康へ (講談社現代新書)
織田信長の外交 (祥伝社新書)


家康の事跡からたどる、その偉大さを解説している作品。
10年以上前に読んだと思うものを再読した。

広く知られている話も多いが、
  • 忠義に篤いイメージのある三河の家臣団が築山殿事件などで見せた「役に立たない主君は替える」という一面と、それに対する家康からの江戸幕府成立後の冷遇という形での仕返し
  • 家康がタテマエばかり言ってホンネは家臣に言わせるという据え膳主義
  • 信長や秀吉と比較し、家康は家臣と一対一の「ここだけの話」という形で指示を出す傾向
  • 家康が『吾妻鏡』や『孟子』を熱心に研究しつつも知らないふりをして林羅山らの学者に体系づけをさせた話
などが印象に残る。

久しぶりに再読し、読みやすい文章で分かりやすく書かれていることを再認識でき、15年経過しても販売され続けているのも納得だと感じた。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 童門冬二, 徳川家康,

お金の現実
お金の現実岡本 吏郎
ダイヤモンド社 2005-04-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
会社にお金が残らない本当の理由
長く稼ぐ会社だけがやっている「あたりまえ」の経営
成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~
私の財産告白 (実業之日本社文庫)
あなたの会社にお金が残る 裏帳簿のススメ
会社にお金が残らない本当の理由(ビジネス環境を支配する「7つのシステム」 お金を残すための「4つの数字」) (フォレスト2545新書)
図解!会社にお金が残らない本当の理由 (FOREST Illustration book)
成功学キャラ教授 4000万円トクする話 (講談社BOX)
あなたの会社にお金を残す 岡本式「戦略帳簿」のススメ (ソフトバンク文庫NF)
カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法 ~仕事と人生に効く「問題解決力」が身につく20の方法~


コンサルタントや税理士として多くの著書を出している人物による、お金の本質的な見方や多くの人々の実例から導き出したお金にまつわる法則性、自身が実施しているお金の使い方などについてあれこれと語っている作品。

南太平洋の島で使われていた大きな石の貨幣の話を例として通貨の本質として信用が元となることや、ハイパーインフレでも紙幣を使用していたことの意味、パニックが起こると言い続けるオオカミ少年評論家のうさん臭さなど、日常的に使用しているお金の意味を考えさせられる話が多い。

子どもの教育で税金が必ず発生することを教える話や、節税のテクニックは広まったら政府から対策を立てられてしまうのでやり過ぎても費用対効果が下がるという話、それでも節税はやるやらないで大きく差が出るので一通りはやっておいた方がいいなど、税理士としての立場からの話も興味深い。

財産を築くにはよく働くこと、収入の範囲内で暮らして貯蓄を割くこと、借金や買い物などでは長期的で広い視野から物事を考えて行動することなど、当たり前と言ってしまえばそれまでだがなかなかできないことが基調として書かれている。

『私の財産告白』を著した本多静六や徒手空拳から安田財閥を築き上げた安田善次郎、『日本永代蔵』で「長者丸」(勤勉や節制のこと)の服用を勧めた井原西鶴などのエピソードなども挙げていて、読ませる内容となっている。

少し手厳しいところがいい刺激を与える効果を上げていて、思っていた以上に参考になった。





カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法 ~仕事と人生に効く「問題解決力」が身につく20の方法~カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法 ~仕事と人生に効く「問題解決力」が身につく20の方法~

岡本 吏郎
フォレスト出版 2007-11-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

「誤解」の日本史 (PHP文庫)
「誤解」の日本史 (PHP文庫)
井沢 元彦
PHP研究所 2012-03-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
学校では教えてくれない日本史の授業 天皇論 (PHP文庫)
学校では教えてくれない日本史の授業 悪人英雄論 (PHP文庫)
学校では教えてくれない日本史の授業 (PHP文庫)
日本史集中講義―点と点が線になる (祥伝社黄金文庫)
学校では教えてくれない日本史の授業 謎の真相 (PHP文庫)
逆説のニッポン歴史観―日本をダメにした「戦後民主主義」の正体 (小学館文庫)
学校では教えてくれない日本史の授業 書状の内幕 (PHP文庫)
逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫)
逆説の日本史〈4〉中世鳴動編―ケガレ思想と差別の謎 (小学館文庫)
逆説の日本史〈2〉古代怨霊編 (小学館文庫)


井沢元彦による、『逆説の日本史』シリーズに書いてきた日本史での定説における史料絶対主義や権威のある学者への追従といった弱点や、史料に出てこない常識を当てはめることでの解釈を語っている作品。

扱われているのは『日本書紀』や『源氏物語』、『魏志倭人伝』、『甲陽軍鑑』といった史料の評価への異議、徳川吉宗の過大評価と田沼意次や尾張宗春の過小評価、信長が弾圧した比叡山や本願寺といった武装した寺社の恐ろしさ、徳川綱吉の評価、鎖国や朱子学の普及による弊害などで、これまでに読んだ井沢作品のエッセンスが濃く出ている。

特に印象に残ったのは鎖国についての話で、神君と崇められる家康が貿易に熱心で三浦按針(ウィリアム・アダムズ)やヤン・ヨーステンといった外国人を顧問にしたことなどが江戸時代の間に忘れられていたという。
そして江戸時代の日本における最大の問題はちゃんと歴史を教えてこなかったことと指摘していて、現在でも戦後70年くらいのスパンでしか判断できていないと思われる言論が多いことにも通じるものがある。

細かな部分にはつっこみどころも散見されるが、歴史に対するひとつの考え方として重要なポイントを押さえていると感じるところが多く、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 井沢元彦,